英語長文速読に効果のあるスラッシュリーディングのやり方

こんにちは。英語を上達したいと思っているけど、

「英語の長文を読むのに時間がかかる。」だとか、

「TOEICなどの長文読解問題で時間がかかってしまう。」

そんな悩みを抱えてないですか?

スラッシュリーディングという技術を身に着けると英文を読む速度が早くなり、長文の問題もより早く解くことができるようになります。

この記事では、スラッシュリーディングのやり方と、その効果、学習するのにおすすめの教材を紹介します。

■英語長文速読に効果のあるスラッシュリーディングのやり方

①スラッシュリーディングとは

スラッシュリーディングとは、英文をを句や節でごとにスラッシュ(/)で分けていき、左から右へ英語の順番で読み進めていく読解法のことです。

日本としてきれいな文に訳そうとすると、時間がかかってしまいます。スラッシュリーディングでは、英文の順序通りに訳すことで、同時通訳の人のようにスピーディーに訳すことをめざしています。

②スラッシュリーディングのやり方

スラッシュで区切り方は主に次の方法です。

  • SVOCの文の構造毎、前置詞の前
  • that節や疑問詞節の前

たとえばこのような例です。

下のように一塊の英文ごとにスラッシュを入れて、その部分ごとに頭から訳していきます。つなげると日本語としてはすこし不自然んですが、意味はわかります。

後ろから前にもどる必要がないので、時間が短縮できるというわけです。

つぎのその効果についての研究事例を紹介します。

■スラッシュリーディングの効果に関する研究事例

①中学3年生での効果に関する研究事例

こちらが中学生2年生について学習効果を実験的に調べた結果の例です。

通常の授業に比べて、スラッシュリーディングを用いた授業の方が理解力、読解速度どちらも向上度合いが高いことがわかります。

参考文献はこちらです。

②高校2年生での効果に関する研究事例

次は高校2年生に対し,7時間のスラッシュリーディングの授業を行ったところ,読む速さが 1.5 倍になり,理解度も高まったという研究事例です。

③大学生での効果に関する研究事例

次の図は、大学生にスラッシュリーディングの授業を行った実験結果です。

授業が進むに連れ脳のウェルニッケ野にのみ活性化(血が見られ,効率的な言語理解が行われることが確認されています。

出典の参考文献はこちらです。

■スラッシュリーディングのおすすめ教材

①スラッシュリーディングが学べる書籍

スラッシュリーディングが効果的に学べる本として一押しはこちらの本です。

TOEICの長文読解問題を解くのにスラッシュリーディングをどう使ったよいかが詳しく解説されていておすすめです。

②アニメや映画を楽しみながらスラッシュリーディングができる EEvideo

書籍でやり方を学ぶことも大切ですが、独力での効果的なトレーニングには音声や動画を使ったトレーニングも必要です。

アニメや映画,ニュースなどの動画を楽しみながらスラッシュリーディングができる EEvideo にはスラッシュリーディングができる字幕機能が備わっているのでおすすめです。

詳しくはこちらの記事を参照してみてください。

■まとめ

英語長文速読に効果のあるスラッシュリーディングのやり方とおすすめ教材を紹介しました。

参考になれば嬉しいです。

おすすめの記事